機械を作る仕事をしよう

幅広い事業を行っている大手

大手の精密機械メーカーの特徴は、幅広い事業を行っているということです。
主にBtoCの事業を手掛ける会社がほとんどで、機械製造業に従事していない一般的な人でも名前を知っています。
皆さんが普段使っているもので、この会社は有名、聞いたことがある、というのは大抵大手の精密機械製造メーカーであることがほとんどです。

その事業は日本国内に向けてはもちろん、世界に向けても展開しています。
各国に販売網やサービスの拠点があるので、海外旅行に行ったときに目にすることもあるかもしれません。
長い歴史を持つ会社も多く、安定した収入と最新の技術に触れられるという点がおおきな魅力です。

最近では、技術開発や企業文化の影響でどの分野が強いか、というのは会社ごとにかわります。

高い技術力を誇る中小企業

大手企業の精密機械を支えるのは、じつは中小規模の精密機器メーカーなのです。
日本各地に本社を置いている中小企業は、確かに売上高や従業員の数では大手に及びません。
しかし、高い技術力とオリジナリティに特化した製品で、確実な仕事をし続けている会社はいくつもあります。

大手メーカーの場合、幅広い事業を展開していましたが、中小メーカーの場合は特定の分野や製品に的を絞り、集中した開発を行うことがほとんどです。
ですから、大手企業の製品のこの部品は中小メーカーの○○製のもの、というように、上手に使い分けているところもあるのです。

大手と競争することもありますが、その会社にしかないオリジナルの商品によって安定した顧客を得ているところもあります。